目次へ  縦書き

     母


雪袴黒くうがちし  うなゐの子瓜みくれば

風澄めるよもの山はに  うづまくや秋のしらくも


その身こそ瓜も欲りせん  齢弱としわかき母にしあれば

手すさびに紅き萱穂を  つみつどへ野をよぎるなれ