目次へ  縦書き

     早春


黒雲峡を乱れ飛び  技師ら亜炭の火に寄りぬ

げにもひとびと崇むるは  青き Gossan 銅の脈

わが索むるはまことのことば

雨の中なる眞言なり