目次へ  縦書き

     流氷ザエ


はんのきの高きうれより  きらゝかに氷華をおとし

汽車はいまやゝにたゆたひ  北上のあしたをわたる


見はるかす段丘の雪  なめらかに川はうねりて

天青石アヅライトまぎらふ水は  百千の流氷ザエを載せたり


あゝきみがまなざしの涯  うら青く天盤は澄み

もろともにあらんと云ひし  そのまちのけぶりは遠き


南はも大野のはてに  ひとひらの吹雪わたりつ

日は白くみなそこに燃え  うららかに氷はすべる