目次へ  縦書き

     米穀商


打身の床をいできたり  箱の火鉢にうちゐれば

人なき店のひるすぎを  雪げの川の音すなり


粉のたばこをひねりつゝ  見あぐるそらの雨もよひ

蠣売町のかなたにて   人らほのかに祝ふらし