目次へ  縦書き

     (萌黄いろなるその頚を)


萌黄いろなるその頚を  直くのばして吊るされつ

吹雪きたればさながらに  家鴨は船のごとくなり


絣合羽の巡礼に  五厘報謝の夕まぐれ

わかめと鱈に雪つみて  鮫の黒身も凍りけり