目次へ  縦書き

     雪の宿


ぬさをかざして山つかみ  舞ふはぶらいの町の書記
うなじはかなくへいとるは  かひには一のうためなり

をさけびたけり足ぶみて  をどりめぐれるすがたゆゑ
老いし博士はくし郡長こおりおさ  やゝ凄凉のおもひなり

月や出でにし雪青み  をちこち犬の吠ゆるころ
舞ひを納めてひれふしつ  罪乞ふさまにみじろがず

あなや否とよ立てきみと  博士が云へばたちまちに
けりはねあがり山つ祇  をみなをとりて消えうせぬ