目次へ  縦書き

     (林の中の柴小屋に)


林の中の柴小屋に  醸し成りたる濁り酒  一筒汲みて帰り来し

むかし誉れの神童は  面青膨れて眼ひかり  秋はかたむく山里を

どてら着て立つ風の中  西は縮れて雲傷み  青き大野のあちこちに

雨かとそゝぐ日のしめり  こなたは古りし苗代の  刈敷朽ちぬと水黝き

なべて丘にも林にも  ただ鳴る松の声なれば  あはれさびしと我家の

門立ち入りて白壁も  落ちし土蔵の奥二階  梨の葉かざす窓べにて

筒のなかばを傾けて  その歯に風を吸ひつつも  しばしをしんとものおもひ

夜に日をかけて工み来し  いかさまさいをぞ手にとりにける