目次へ  縦書き

     家


ほのあかり秋のあぎとは  もゝどりのねぐらをめぐり

つかさの手からくのがれし  社司の子のありかを知らず


社殿にはゆふべののりと  ほのかなる泉の聲や

そのはゝはことなきさまに  しらたまのもちひをなせる