目次へ  縦書き

     上流


秋立つけふをくちなはの  沼面はるかに泳ぎ居て

水ぎばうしはむらさきの  花穂ひとしくつらねけり


いくさの噂しげければ  蘆刈びともいまさらに

暗き岩頚 風の雲  天のけはひをうかがひぬ