目次へ  縦書き

     (川しろじろとまじはりて)

川しろじろとまじはりて  うたかたしげきこのほとり
病きつかれてわが行けば  そらのひかりぞ身を責むる


宿世のくるみはんの毬  干割れて青き泥岩に
はかなきかなやわが影の  卑しき鬼をうつすなり


蒼茫として夏の風  草のみどりをひるがへし
ちらばる蘆のひら吹きて  あやしき文字を織りなしぬ


生きんに生きず死になんに 得こそ死なれぬわが影を
うら濁る水はてしなく  さゝやきしげく洗ふなり