目次へ  縦書き

     岩手病院

血のいろにゆがめる月は  今宵また櫻をのぼり
患者たち廓のはづれに  凶事の兆を云へり


木がくれのあやなき闇を  聲細くいゆきかへりて
熱植ゑし黒き綿羊  その姿いともあやしき


月しろは鉛糖のごと  柱列の廓をわたれば
コカインの白きかをりを  いそがしくよぎる醫師あり


しかもあれ春のをとめら  なべて且つ耐へほゝゑみて
水銀の目盛を数へ  玲瓏の氷を割きぬ