目次へ  縦書き

     〔こつちの顔と〕

こつちの顔と
凶年の週期のグラフを見くらべなから
なんべんも何か云ひたさうにしては
すこしわらつて下を向いてゐるこの人は
たしかに町の二年か上の高等科へ
赤い毛布と栗の木下駄で
通つて来てゐたなかのひとり
それから五年か六年たつて
秋の祭りのひるすぎだつた
この人は鹿踊りの仲間といつしよに
例ののばかまとわらぢをはいて
踊りももうあきたといふやうに
長い刻竹や角のついた
面のしたから顔を出して
ばちをもつた片手はちよこんと太鼓の上に置き
悠々と豊沢町を通つて行つた
こつちが知らないで
たゞ鹿踊りだと思つて見てゐたときに
この人は面の下の麻布をすかして踊りながら
昔の友だちや知つた顔を
横眼で見たこともたびたびあつたらう
けれどもいまになつてわれわれが
気候や品種やあるひは産業組合や
殊にも鹽の魚とか
小さなメリヤスのもゝ引だとか
ゴム靴合羽のやうなもの
かういふものについて共同の関心をもち
一諸にそれを得やうと工夫することは
じつにたのしいことになつた
外では吹雪が吹いてゐてもゐなくても
それが十時でも午后の二時でも
二尺も厚い萱をかぷつて
どつしり坐つたかういふ家のなかは
たゞ落ちついてしんとしてゐる
そこでこれから
おれは稲の肥料をはなし
向ふは鹿踊りの式や作法をはなし
夕方吹雪が挑いろにひかるまで
交換教授をやるといふのは
まことに愉快なことである