目次へ  縦書き

     〔まあこのそらの雲の量と〕

まあこのそらの雲の量と
きみのおもひとどつちが多い
その複雑なきみの表情を見ては
ふくろふでさへ遁げてしまふ

複雑な表情を雲のやうに湛へながら
かれたすゞめのかたびらをふんで
さういふふうに
行ったり来たりするのも
たしかに一度はいゝことだな

どんより曇つて
そして西から風がふいて
鋸の歯もりんりん鳴る
杉の梢はざあざあ鳴り
きみ 鋸は楽器のうちにあつたかな

清貧と豪奢とは両立せず
いゝ芸術と恋の勝利は一諸に来ない
労働運動の首領にもなりたし
あのお嬢さんとも
行末永くつき合ひたい
そいつはとてもできないぜ