目次へ  縦書き

     (下で別れたさつきの人は)

下で別れたさつきの人は
やつぱり茶いろの馬をひき
すぱすぱたばこのけむりをはいて
どてを向ふへあるいてゐる
けさはたばこものまなかつたが
もう山の上の平に来て
空気もぬるくひかり出し
一人で気楽にもなつたので
一ぷくやつて行くだらう
さう云へば馬の方も
わざとふざけてびつこをひいてゐるやうだ
向ふは姥石高日まで
いまさわやかな夏草で
うすい茶いろの防火線からへりどられ
あちこちくつきり直角なのは
この高原も
云はゞ正規な十数枚のトラムプカード
そこをつぎつぎ行きすぎる
蒼々ふかい雲かげと
水いろをした風の脚
いま一枚のカードの面が
はじから順に明るくなつて
そこから赤い小蟻のやうに
きらきら光つて生れるものは
放されてゐる野馬の群だ
そのぜんたいがまたかげらふではげしくゆれる
あゝいふふうにひかるのは
胸をぶるつとひきづらせたり
尾ではらつたりするのだらう
その一方で小さな藪をせなかにしよつて
白いずぼんで誰かゞ一人
やつぱりひどくぐらぐらゆれて
馬にむかつて立つらしいのは
いまは午前の十一時なので
食鹽でも馬にやるのだろう
そのため馬があすこいつぱい集つてゐる
さつきのやつはほかの馬から
もう今日のごちさうは済んだところへ
お前が来たなと云はれさう
あるひは馬といふものは
さういふこともひかりや風のぬるさといつしよに
たゞぼんやりと感ずるだけかもわからない
蜂がぶんぶん飛びめぐり
わたくしの立つて展望する
巌はかすかにぬくらんでゐる
西は幾重の丘に向ふ
北上河谷いつぱいに
鼠いろした霧がよどんで
その上縁のはるかな北で
藍いろをした奇怪なものは
雪融の岩手火山であらう
あすこのちやうどふもとにあたる
沼森と沼森平が
そつくりこゝの地形だつた
そしてあゝ
いつでもかういふ青ぞらの下の
地塊の上にひとりで立てば
わたくしはふしぎにもやるせない
國土に對する哀戀を感ずる
向ふは次の雲影で
野馬の群がくらくなる
さつきの人はやつぱりぽかぽか馬をひいて
この人のない平の上の大往還を
ごくゆつくりとあるいて行く