目次へ  縦書き

     若き耕地課技手のIrisに対するレシタティヴ

測量班の人たちから
ふたたびひとりぼくははなれて
このうつくしい緑の高地を帰りながら
あちこち濃艶な紫の群落
日に匂ふかきつばたの花彙を
何十となく訪ねて来た
尖つたトランシツトだの
だんだらのポールをもつて
古期北上と紀元を競ひ
白堊紀からの日を貯へる
準平原の一部から
路線や圃地を截りとつたり
岩を析いたりしたあげく
二枚の地図をこしらへあげる
これは張りわたす青天の下に
まがふ方ない原罪である
あしたはふるふモートルと
にぶくかゞやく巨きなすき
これらのまこと丈高く
しなふ花軸の幾百や
青い蝋とも絹とも見える
この一々の花蓋と蕋を
反転される黒土の
無数の条に埋めてしまふ
それはさびしい腐植にかはり
やがては粗剛なもろこしや
オートの穂をもつくるだらうが
ぼくはじつにこのきよらかな南の風といつしよに
あらゆるやるせない撫や触や
はてない愛憎を花群に投げる