目次へ  縦書き

     花鳥図譜 雀

青いかへでのなかで
からだをくしやくしやにして
そのはねを繕つてゐる瘠せた雀
肩の羽だけ四五枚張つて陽にかざせば
それは貝殻のやうに見える
羽をとぢれば あんまりやせてゐるので雀のやうでない
 一枝あがるそらの光
 一枝あがる青いかへで
 二枝あがつて外れて櫻の枝にうつれば
風が吹いて
雀はちよつと首をまげ蜂雀みたいな感じになる
虻が一疋下へとび
たちまち雀の大上段
雀は枝にとまつたまゝで早くもそれをたべてゐる
嘴二度ほど微かにうごく
雀はのぼる光の枝
畏まつたといふ形になつて
まつ白地面へ降りたちます