目次へ  縦書き

     祈り(作品第一〇八八番ノ三)

倒れた稲を追ひかけて
これからもまだ降るといふのか
一冬鐡道工夫に出たり
身を切るやうな利金を借りて
やうやく肥料もやつた稲を
まだくしやくしやに
潰さなければならぬのか
電氣會社が
ひなかも點すこのそらのいろ
田ごとにしめも張りわたし
かながらの弊さへたてゝ
稔りある秋を待つのに
無心よ暗い雨ぐもよ