目次へ  縦書き

     作品第一〇五四番

何と言はれても
わたくしはひかる水玉
つめたい雫
すきとほつた雨つぶを
枝いつぱいにみてた
若い山ぐみの木なのである