目次へ  縦書き

     つかれてねむいひるまごろ(作品第一〇二八番)

じつに古くさい南京袋で帆をはつて
おまけに風に逆つて
山の鉛が溶けて来た重いいつぱいの流れを遡つて
この船はどこへ行かうといふのだらう
男が三人乗つてゐる
じつにうまくないそのつらのふう
じぶんだけせいぜいほうたうをして
それでも不足で不平だといふつらつきだ
今夜もみんな集まつて
百五十圓ほど黄いろな水を呑まうといふのか
そのばけそこなひの酵母の糞を
町まで買ひに行かうといふのか
あんまり言ふことをきかないと
今夜この雨がみんなみぞれや針にかはつて
芽を出したものをみんな潰すぞ