目次へ  縦書き

     札幌市(作品第一〇一九番)

遠くなだれる灰色と
歪んだ町の廣場の砂に
わたくしはかなしさを
青い神話にしてまきちらしたけれども
小鳥らはそれを啄まなかつた