目次へ  縦書き

     作品第一〇一七番ノ二

水は黄いろにひろがつて
いまはもう
ほんものの土佐繪の波もたててゐる
かたつむりの歩いたあとのやうにひかりながら
島に残った松の草地と
わたくしの白菜ばたけを浸さうとする
いつの間にどうして行つたのか
その新しい恐ろしい磯に
黒くうかんで誰か四五人立つてゐる
忠一がいま吠えるやうに叫んで
その巨きな黄いろな水に石をなげる