目次へ  縦書き

     一本木野

松がいきなり明るくなつて
のはらがぱつとひらければ
かぎりなくかぎりなくかれくさは日に燃え
電信ばしらはやさしく白い碍子をつらねて
おそらくはベーリング市までもつづくと見える
すみわたる海蒼かいさうの天と
きよめられるひとのねがひ
からまつはふたたびわかやいで萌え
透明な風のひばり
七時雨ななしぐれの青い起伏は
また心象のなかにも起伏し
ひとむらのやなぎ木立は
ボルガのきしのそのやなぎ
天椀てんわんの孔雀石にひそまり
きびしくするどくもりあがる薬師代赭
火口の雪は皺ごと刻み
くらかけのびんかんなかど
青ぞらに星雲をあげる
  (おい かしは
   てめいのあだなを
   やまのたばこの木つていふつてのはほんたうか)
こんなあかるい穹窿きうりうと草を
はんにちゆつくりあるくことは
いつたいなんといふおんけいだらう
わたくしはそれをはりつけとでもとりかへる
こひびととひとめみることでさへさうではないか
  (おい やまのたばこの木
   あんまりへんなをどりをやると
   未来派だつていはれるぜ)
わたくしは森やのはらのこひびと
よしのあひだをがさがさ行けば
つつましく折られたみどりいろの通信は
いつかぽけつとにはいつてゐるし
はやしのくらいとこをあるいてゐると
三日月みかづきがたのくちびるのあとで
肱やずぼんがいつぱいになる