目次へ  縦書き

     蠕虫舞手〔アンネリダテンツエーリン

  (えゝ、水ゾルですよ
   おぼろな寒天アガアの液ですよ)
日は黄金きんの薔薇
赤いちいさな蠕虫ぜんちゆう
水とひかりをからだにまとひ
ひとりでおどりをやつてゐる
  (えゝ、エイト γガムマア イー スイツクス αアルフア
   ことにもアラベスクの飾り文字)
羽むしの死骸
いちゐのかれ葉
真珠の泡に
ちぎれたこけの花軸など
  (赤いちひさなひいさまは
   いまみづ底のみかげのうへに
   黄いろなかげとおふたりで
   せつかくをどつてゐられます
   いゝえ、けれども、すぐでせう
   まもなく浮いておいででせう)
赤い蠕虫アンネリダ舞手テンツエーリン
とがつた二つの耳をもち
燐光珊瑚の環節に
正しく飾る真珠のぼたん
くるりくるりと廻つてゐます
  (えゝ、エイト γガムマア イー スイツクス αアルフア
   ことにもアラベスクの飾り文字)
脊中きらきらかがやいて
ちからいつぱいまはりはするが
真珠もじつはまがひもの
ガラスどころか空気だま
  (いゝえ、それでも
   エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
   ことにも アラベスクの飾り文字)

せなかきらきらかゞやいて
ちからいつぱい
あどつてゐるといはれても
じつはからだの泡を苦にしてはねまはるなら
おまへもさつぱりらくぢやない
   それに日が雲に入つたし
   わたしは石に座つてしびれが切れたし
   水底の黒い木片は毛虫か海鼠なまこのやうだしさ
   それに第一おまへのかたちは見えないし
   ほんとに溶けてしまつたのやら
それともみんなはじめから
おぼろに青い夢だやら
  (いゝえ、あすこにおいでです おいでです
   ひいさま いらつしやいます
   エイト γガムマア イー スイツクス αアルフア
   ことにもアラベスクの飾り文字)
ふん、水はおぼろで
ひかりは惑ひ
虫は エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
   ことにもアラベスクの飾り文字かい
   あゝくすぐつたい
  (はい まつたくそれにちがひません
   エイト ガムマア イー スイツクス アルフア
   ことにもアラベスクの飾り文字)