目次へ  縦書き

     真空溶媒

       (Eine Phantastie im Morgen)

融銅はまだくらめかず
白いハロウも燃えたたず
藍銅いろの地平線だけ
明るくなつたり陰つたり
はんぶん溶けたり澱んだり
ずゐぶん前からゆれてゐる
おれは新らしくてパリパリの
銀杏いてふなみきをくぐつてゆく
その一本の水平なえだに
りつぱな硝子のわかものが
もうたいてい三角にかはつて
そらをすきとほしてぶらさがつてゐる
けれどもこれはもちろん
そんなにふしぎなことでもない
おれはやつぱり口笛をふいて
大またにあるいてゆくだけだ
いてふの葉ならみんな青い
冴えかへつてふるへてゐる
いまやそこらはalcohol瓶のなかのけしき
白い輝雲きうんのあちこちが切れて
あの永久の海蒼かいさうがのぞきでてゐる
それから新鮮なそらの海鼠なまこの匂
ところがおれはあんまりステツキをふりすぎた
こんなににはかに木がなくなつて
眩ゆい芝生がいつぱいにひらけるのは
さうとも 銀杏並樹なら
もう二哩もうしろになり
野の緑青ろくしやうの縞のなかで
あさの練兵をやつてゐる
うらうら湧きあがる朝のよろこび
氷ひばりも啼いてゐる
そのすきとほつたきれいななみは
そらのぜんたいにさへ
かなりのえいきやうをあたへるのだ
すなはち雲がだんだんあをい虚空に融けて
たうとういまは
ころころまるめられたパラフヰン製の団子だんごになつて
ぽつかりぽつかりしづかにうかぶ
地平線はしきりにゆすれ
むかふを鼻のあかい灰いろの紳士が
うまぐらゐあるまつ白な犬をつれて
あるいてゐることはじつに明らかだ
  (やあ こんにちは)
  (いや いゝおてんきですな)
  (どちらへ ごさんぽですか
   なるほど ふんふん ときにさくじつ
   ゾンネンタールがくなつたさうですが
   おききでしたか)
  (いゝえ ちつとも
   ゾンネンタールと はてな)
  (りんごがあたつたのださうです)
  (りんご、ああ、なるほど
   それはあすこにみえるりんごでせう)
はるかにたたえる花紺青の地面から
その金いろの苹果りんごの樹が
もくりもくりと延びだしてゐる
  (金皮のまゝたべたのです)
  (そいつはおきのどくでした
   はやく王水をのませたらよかつたでせう)
  (王水 口をわつてですか
   ふんふん なるほど)
  (いや王水はいけません
   やつぱりいけません
   死ぬよりしかたなかつたでせう
   うんめいですな
   せつりですな
   あなたとはご親類ででもいらつしやいますか)
  (えゝえゝ もうごくごく遠いしんるいで)
 いつたいなにをふざけてゐるのだ
 みろ その馬ぐらゐあつた白犬が
 はるかのはるかのむかふへ遁げてしまつて
 いまではやつと南京鼠なんきんねずみのくらゐにしか見えない
  (あ わたくしの犬がにげました)
  (追ひかけてもだめでせう)
  (いや、あれは高価たかいのです
   おさへなくてはなりません
   さよなら)
苹果りんごの樹がむやみにふえた
おまけにのびた
おれなどは石炭紀の鱗木りんぼくのしたの
ただいつぴきの蟻でしかない
犬も紳士もよくはしつたもんだ
東のそらが苹果林りんごばやしのあしなみに
いつぱい琥珀をはつてゐる
そこからかすかな苦扁桃くへんたうの匂がくる
すつかりさんだひるまになつた
どうだこの天ちやうの遠いこと
このものすごいそらのふち
愉快な雲雀ひばりもたうに吸ひこまれてしまつた
かあいさうにそのるりいろの
つめたい板のにへたばつて
瘠せた肩をぷるぷるしてるにちがひない
もう冗談ではなくなつた
画かきどものすさまじい幽霊が
すばやくそこらをはせぬけるし
雲はみんなリチウムの紅い焔をあげる
それからけはしいひかりのゆきき
くさはみな褐藻類にかはられた
こここそわびしい雲の焼け野原
風のヂグザグや黄いろの渦
そらがせわしくひるがへる
なんといふとげとげしたさびしさだ
  (どうなさいました 牧師さん)
あんまりせいが高すぎるよ
  (ご病気ですか
   たいへんお顔いろがわるいやうです
  (いやありがたう
   べつだんどうもありません
   あなたはどなたですか)
  (わたくしは保安掛りです)
いやに四かくな背嚢だ
そのなかに苦味丁幾くみちんき硼酸ほうさん
いろいろはいつてゐるんだな
  (さうですか
   今日なんかおつとめも大へんでせう)
  (ありがたう
   いま途中で行き倒れがありましてな)
  (どんなひとですか)
  (りつぱな紳士です)
  (はなのあかいひとでせう)
  (さうです)
  (犬はつかまつてゐましたか)
  (臨終りんじふにさういつてゐましたがね
   犬はもう十五哩もむかふでせう
   じつにいゝ犬でした)
  (ではあのひとはもう死にましたか)
  (いゝえ霧がおりればなほります
   まあちよつと黄いろな時間だけの仮死かしですな
   ううひどい風だ まゐつちまふ)
まつたくひどいかぜだ
たふれてしまひさうだ
砂漠でくされた駝鳥の卵といふふうだ
硫化水素ははいつてゐるし
それから無水亜硫酸
つまりこれはそらからの瓦斯の気流に二つある
しようとつして渦になつて硫黄くわができる
    気流に二つあつて硫黄華ができる
        気流に二つあつて硫黄華ができる
  (しつかりなさい しつかり
   もしもし しつかりなさい
   たうたう参つてしまつたな
   たしかにまゐつた
   そんならひとつお時計をちやうだいしますかな)
おれのかくしに手を入れるのは
なにがいつたい保安掛りだ
必要がない どなつてやらうか
         どなつてやらうか
            どなつてやらうか
               どなつ……
水が落ちてゐる
ありがたい有難い神はほめられよ 雨だ
悪い瓦斯はみんな溶けろ
  (しつかりなさい しつかり
   もう大丈夫です)
何が大丈夫だ おれははね起きる
  (だまれ きさま
   黄いろな時間の追剥め
   飄然たるテナルデイ軍曹だ
   きさま
   あんまりひとをばかにするな
   保安掛りとはなんだ きさま)
いゝ気味だ ひどくしよげてしまつた
ちゞまつてしまつた ちいさくなつてしまつた
ひからびてしまつた
残ったものは四角な背嚢ばかり
たゞ一かけの泥炭でいたんになつた
ざまを見ろじつに醜い泥炭なのだぞ
背嚢なんかなにを入れてあるのだ
保安掛り じつにかあいさうです
カムチヤツカの蟹の罐詰と
陸穂おかぼの種子がひとふくろ
ぬれた大きな靴が片つ方
それと赤鼻紳士の金鎖
どうでもいゝ 実にいゝ空気だ
ほんたうに液体のやうな空気だ
  (ウーイ 神はほめられよ
   みちからのたたふべきかな
   ウーイ いゝ空気だ)
そらの澄明 すべてのごみはみな洗はれて
ひかりはすこしもとまらない
だからあんなにまつくらだ
太陽がくらくらまはつてゐるにもかゝはらず
おれはし数れぬほしのまたたきを見る
草はみな葉緑素を恢復し
葡萄糖を含む月光液げつくわうえき
もうよろこびに脈さへうつ
泥炭がなにかぶつぶつ言つてゐる
  (もしもし 牧師さん
   あの馳せ出した雲をごらんなさい
   まるで天の競馬のサラアブレツドです)
  (うん きれいだな
   雲だ 競馬だ
   天のサラアブレツドだ 雲だ)
あらゆる変幻の色彩を示し
……もうおそい ほめるひまなどない
虹彩はあはく変化もゆるやか
いまは一むらの軽い湯気ゆげになり
零下二千度の真空溶媒しんくうようばいのなかに
すつととられて消えてしまふ
それどこでない おれのステッキは
いつたいどこへ行つたのだ
上着もいつかなくなつてゐる
チョッキはたつたいま消えて行つた
恐るべくかなしむべき真空溶媒は
こんどはおれに働きだした
まるで熊の胃袋のなかだ
それでもどうせ質量不変の定律だから
べつにどうにもなつてゐない
といつたところでおれといふ
この明らかな牧師の意識から
ぐんぐんものが消えて行くとは情けない
  (いやあ 奇遇ですな)
  (おお 赤鼻紳士
   たうたう犬がつかまりましたな)
  (ありがたう しかるに
   あなたは一体どうなすつたのです)
  (上着をなくして大へん寒いのです)
  (なるほど はてな
   あなたの上着はそれでせう)
  (どれですか)
  (あなたが着ておいでなるその上着)
  (なるほど ははあ
   真空のちよつとした奇術トリツクですな)
  (えゝ さうですとも
   ところがどうもおかしい
   それはわたしの金鎖ですがね)
  (えゝどうせその泥炭の保安掛りの作用です)
  (ははあ、泥炭のちよつとした奇術トリツクですな)
  (さうですとも
   犬があんまりくしゃみをしますが大丈夫ですか)
  (なあにいつものことです)
  (大きなもんですな)
  (これは北極犬です)
  (馬の代りには使へないんですか)
  (使へますとも どうです
   お召しなさいませんか)
  (どうもありがたう
   そんなら拝借しますかな
  (さあどうぞ)
おれはたしかに
その北極犬のせなかにまたがり
犬神のやうに東へ歩きだす
まばゆい緑のしばくさだ
おれたちの影は青い砂漠旅行者だ
そしてそこにはさつきの銀杏の並樹みち
こんな華奢な水平な枝に
硝子のりつぱなわかものが
すつかり三角になつてぶらさがる