目次へ  縦書き

     丘の眩惑

ひとかけらづつきれいにひかりながら
そらから雪はしづんでくる
電しんばしらの影のインディゴや
ぎらぎらの丘の照りかへし

  その旅人の合羽かっぱのはじが
  どこかの風に鋭く截られて来たことは
  一千八百十年代の
  佐野喜の木版に至當する

野はらのはてはシベリヤの天まつ
土耳古玉製ぎょくせい玲瓏れいらうのつぎ目も光り

    (お日さまは
     そらの遠くで白い火を
     どしどしお焚きなさいます)

笹の雪が
燃え落ちる、燃え落ちる