目次へ  縦書き

火の島の歌

海鳴りのとゞろく日は
郵船ふねもより来ぬを
火の山の燃え熾りて
くもの流るゝ
海鳴りよせ来る椿のはやしに
ひねもす百合ゆり堀り
今日もはてぬ