目次へ  縦書き

月夜のでんしんばしら

ドツテテドツテテドツテテド
でんしんばしらのぐんたいは
はやさせかいにたぐひなし
ドツテテドツテテドツテテド
でんしんばしらのぐんたいは
きりつせかいにならびなし

ドツテテドツテテドツテテド
ほんうで工兵隊こうへいたい
ぽんうで竜騎兵りうきへい
ドツテテドツテテドツテテド
いちれつ一まん千人せんにん
はりがねかたくむすびたり

ドツテテドツテテドツテテド
やりをかざれるとたんばう
すねははしらのごとくなり。
ドツテテドツテテドツテテド
かたにかけたるエボレツト
おもきつとめをしめすなり

ドツテテドツテテドツテテド
さむさはだえをつんざくも
などて腕木うでぎをおろすべき
ドツテテドツテテドツテテド
あつ硫黄いわうをとかすとも
いかでおとさんエボレツト

ドツテテドツテテドツテテド
みぎとひだりのサアベルは
たぐひもあらぬ細身ほそみなり
ドツテテドツテテドツテテド
タールをれるながくつ
はばは三びやく六十じうしやく

ドツテテドツテテドツテテド
でんしんばしらのぐんたいの
そのせかいにとゞろけり