目次へ  縦書き

飢餓陣営

一幕

人物 バナナン大将。
   特務曹長、
   曹長、
   兵士、一、二、三、四、五、六、七、八、九、十。
場処 不明なるも劇中マルトン原と呼ばれたり。
時  不明。

 幕あく。
 砲弾にて破損せる古き穀倉の内部、辛くも全滅を免かれしバナナ ン軍団、マルトン原の臨時幕営。右手より曹長先頭にて兵士一、二、 三、四、五、登場、一列四壁に沿ひて行進。

曹長「一時半なのにどうしたのだらう。
   バナナン大将はまだやってこない
   胃時計〔ストマクウヲッチ〕はもう十時なのに
   バナナン大将は帰らない。」

 正面壁に沿ひ左向き足踏み。

(銅鑼の音)

 左手より、特務曹長並に兵士六、七、八、九、十 五人登場、一 列、壁に沿ひて行進、右隊足踏みつゝ挙手の礼、左隊答礼。

特務曹長「もう二時なのにどうしたのだらう、
     バナナン大将はまだ来てゐない
     ストマクウヲッチはもう十時なのに
     バナナン大将は帰らない。」

 左隊壁に沿ひ足踏み    (銅鑼)

曹長特務曹長(互に進み寄り足踏みつゝ唱ふ)
  「糧食はなし 四月の寒さ
   ストマクウヲッチももうちゃめちゃだ。」

合唱「どうしたのだらう、バナナン大将
   もう一遍だけ 見て来やう。」別々に退場

(銅鑼)

 右隊登場、総て始めのごとし。可成疲れたり。

曹長「もう四時なのにどうしたのだらう、
   バナナン大将はまだ来てゐない
   もう四時なのにどうしたのだらう。
   バナナン大将は帰らない。」

 左隊登場

  「もう四時半なのにどうしたのだらう、
   バナナン大将はまだ来てゐない
   もう五時なのにどうしたのだらう
   バナナン大将は 帰らない。」

(銅鑼)

曹長特務曹長
  「大将ひとりでどこかの並木の
   苹果を叩いてゐるかもしれない
   大将いまごろどこかのはたけで
   人蓼ガリガリ 噛んでるぞ。」

(銅鑼)

 右隊入場、著しく疲れ辛うじて歩行す。

曹長「七時半なのにどうしたのだらう
   バナナン大将はまだ来てゐない
   七時半なのにどうしたのだらう
   バナナン大将は 帰らない。」

 左隊登場 最労れたり。

曹長特務曹長
  「もう八時なのにどうしたのだらう
   バナナン大将は まだ来てゐない。
   もう八時なのにどうしたのだらう
   バナナン大将は 帰らない。」

(銅鑼)

立てるもの合唱(きれぎれに)
  「いくさで死ぬならあきらめもするが
   いまごろ飢えて死にたくはない
   あゝたゞひときれこの世のなごりに
   バナナかなにかを 食ひたいな。」

(共に倒る)(銅鑼)

 バナナン大将登場。バナナのエボレットを飾り菓子の勲章を胸に 満せり。

バナナン大将
  「つかれたつかれたすっかりつかれた
   脚はまるっきり 二本のステッキ
   いったいすこぅし飲み過ぎたのだし
   馬肉もあんまり食ひすぎた。」
(叫ぶ)「何だ。まっくらぢゃないか。今ごろになってまだあかり も点けんのか。」

 兵士等辛うじて立ちあがり挙手の礼。

大将「灯をつけろ、間抜けめ。」

 曹長点燈す。兵士等大将のエボレット勲章等を見て食せんとする の衝動甚し。

大将「間抜けめ、どれもみんなまるで泥人形だ。」

 脚を重ねて椅子に座す。ポケットより新聞と老眼鏡とを取り出し 殊更に顔をしかめつゝ之を読む。しきりにゲップす。やがて睡る。

曹長(低く)「大将の勲章は実に甘さうだなあ。」

特務曹長「それは甘さうだ。」

曹長「食べるといふわけには行かないものでありますか。」

特務曹長「それは蓋しいかない。軍人が名誉ある勲章を食ってしま ふといふ前例はない。」

曹長「食ったらどうなるのでありますか。」

特務曹長「軍法会議だ。それから銃殺にきまってゐる。」 間、兵 卒一同再び倒る。

曹長(面をあぐ。)「上官、私は決心いたしました。この飢餓陣営 の中に於きましては最早私共の運命は定まってあります。戦争の為 にでなく飢餓の為に全滅するばかりであります。かの巨大なるバナ ナン軍団のたゞ十六人の生存者われわれもまた死ぬばかりでありま す。この際私が将軍の勲章とエボレットを盗みこれを食しますれば 私共は死ななくても済みます。そして私はその責任を負って軍法会 議にかゝりまた銃殺されやうと思ひます。」

特務曹長「曹長、よく云って呉れた。貴様だけは殺さない。おれも きっと一諸に行くぞ。十の命の代りに二人の命を投げ出さう。よし。 さあやらう。集まれっ。気を付けっ。右ぃおい。直れっ。番号。」

兵士「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、」

特務曹長「よし。閣下はまだおやすみだ。いゝか。われわれは軍律 上少しく変則ではあるがこれから食事を始める。」兵士悦ぶ。

曹長(一足進む。)

特務曹長「いや、盗むといふのはいかん。もっと正々堂々とやらな くちゃいけない。いゝか。おれがやらう。」

 特務曹長バナナン大将の前に進み直立し。曹長以下之に従ひ一列 に並ぶ。

特務曹長、(挙手、叫ぶ。)「閣下!」

バナナン大将(徐に眼を開く。)「何ぢゃ、さうざうしい。」

特務曹長「閣下の御勲功は実に四海を照すのであります。」

大将「ふん、それはよろしい。」

特務曹長「閣下の御名誉は則ち私共の名誉であります。」

大、「うん。それはよろしい。」

特、「閣下の勲章は皆実に立派であります。私共は閣下の勲章を仰 ぎますごとに実に感激してなみだがでたりのどが鳴ったりするので あります。」

大「ふん、それはさうぢゃらう。」

特「然るに私共は未だ不幸にしてその機会を得ず充分適格に閣下の 勲章を拝見するの光栄を所有しなかったのであります。」

大、「それはさうぢゃ、今までは忙がしかったぢゃからな。」

特、「閣下。この機会をもちまして私共一同にとくとお示しを得た いものであります。」

大、「それはよろしい。どの勲章を見たいのだ。」

特「一番大きなやつから。」

大「これが一番大きいぢゃ。獅子奮進章だ。ロンテンプナルール勲 章じゃ。」胸より最大なる勲章を外し特務曹長に渡す。

特「これはどの戦役でご受領なされましたのでありますか。」

大「印度戦争だ。」

特「このまん中の青い所はほんもののザラメでありますか。」

大、「ほんたうのザラメとも。」

特「実に立派であります。」(曹長に渡す。兵卒一直ちに之を嚥下 す。)

特、「次のは何でありますか。」

大、「ファンテプラーク勲章ぢゃ。」外す。

特「あまり光って眼がくらむやうであります。」

大「さうぢゃ。それは支那戦のニコチン戦役にもらったのじゃ。」

特、「立派であります。」

大、「それはさうぢゃらう。」(兵卒二之を嚥下す。)

大「どうじゃ、これはチベット戦争ぢゃ。」

特「なるほど西蔵馬のしるしがついて居ります。」(兵卒三之を嚥 下す。)

大、「これは普仏戦争ぢゃ。」

特,「なるほどナポレオンポナパルドの首のしるしがついて居りま す。然し閣下は普仏戦争に御参加になりましたのでありますか。」

大「いゝや、六十銭で買ったよ。」

特「なるほど、実に立派であります。六十銭では安すぎます。」

大、「うん。」(兵卒四之を嚥下す。)

特「その次の勲章はどれでありますか。」

大、「これぢゃ、」

特「これはどちらから贈られたのでありますか。」

大、「それはアメリカだ。ニュウヨウクのメリケン粉株式会社から 贈られたのだ。」

特「さうでありますか、愕くべきであります。」
(兵卒五これを嚥下す。)

特「次はどれでありますか。」

大「これぢゃ。」

特「実にめづらしくあります。やはり支那戦争でありますか。」

大「いゝや。支那の大将と豚五匹でとりかへたのぢゃ。」

特「なるほど、ハムサンドウヰッチですな。」(兵卒六これを嚥下 す。)

大「これはどうぢゃ。」

特「立派であります。何勲章でありますか。」

大「むすこからとりかへしたのぢゃ。」(兵卒七嚥下。)

特「その次は、」

大、「これはモナコ王国に於てばくちの番をしたとき貰ったのぢゃ。」

特「はあ実に恐れ入ります。」(兵卒八嚥下。)

大「これはどうぢゃ。」

特「どこの勲章でありますか。」

大「手製ぢゃ手製ぢゃ。わしがこさえたのぢゃ。」

特「なるほど、立派なお作であります。次のを拝見ねがひます。」 (兵卒九嚥下。)

大「これはアフガニスタンでマラソン競争をやってとったのぢゃ。」 (兵卒十嚥下。)

特、「なるほど次はどれでありますか。」

大、「もう二つしかないぞ。」

特(兵卒を検して)「もう二つで丁度いゝやうであります。」

大「何が。」

特(烈しくごまかす。)「さうであります。」

大、「勲章か。よろしい。」(外す。)

特「これはどちらから贈られたのでありますか。」

大「イタリヤごろつき組合だ。」

特「なるほど、ヂゴマと書いてあります。」(曹長に)「おい、や れ。」(曹長嚥下す。)

特「実に立派であります。」

大「これはもっと立派だぞ。」

特「これはどちらからお受けになりましたのでありますか。」

大「ベルギ戦役マイナス十五里進軍の際スレンヂングトンの街道で 拾ったよ。」

特「なるほど。」(嚥下す。)「少し馬の糞はついて居りますが結 構であります。」

大「どうぢゃ、どれもみんな立派ぢゃらう。」

一同「実に結構でありました。」

大将「結構でありました?いかんな。物の云ひやうもわからない。 結構でありますと云ふもんぢゃ。ありましたと云へば過去になるの ぢゃ。」

一同「結構であります。」

特務曹長「えゝ、只今のは実は現在完了のつもりであります。とこ ろで閣下、この好機会をもちまして更に閣下の燦爛たるエボレット を拝見いたしたいものであります。」

大将「ふん、よからう。」

   (エボレットを渡す。)

特務曹長「実に甚しくあります。」

大将「うん。金無垢だからな。溶かしちゃいかんぞ。」

特務曹長「はい大丈夫であります。後列の六人でよく拝見しろ。」 (渡す。最后の六人之を受けとり直ちに一箇づつちぎる。)

大将「いかん、いかん、エボレットを壊しちゃいかん。」

特務曹長「いいえ、すぐ組み立てます。もう片っ方拝見いたしたい ものであります。」

大将「ふん、あとですっかり組み立てるならまあよからう。」

特務曹長、「なるほど金無垢であります。すぐ組み立てます。」 (一箇をちぎり曹長に渡す。以下之に倣ふ。各皮を剥く。)

大将。(愕く。)「あ、いかんいかん、皮を剥いてはいかんぢゃ。」

特務曹長、「急ぎ呑み下せいおいっ。」(一同嚥下。)

大将(泣く。)「ああ情けない。犬め、畜生ども。泥人形ども、勲 章をみんな食ひ居ったな。どうするか見ろ。情けない。うわあ。」

(泣く。)(兵卒悄然たり。)

   (兵卒この時漸く飢餓を回復し良心の呵責に勝えず。)

兵卒三「おれたちは恐ろしいことをしてしまったなあ。」

兵卒十「全く夢中でやってしまったなあ。」

兵卒一、「勲章と胃袋にゴム糸がついてゐたやうだったなあ。」

兵卒九「将軍と国家にどうおわびをしたらいゝかなあ。」

兵卒七「おわびの方法が無い。」

兵卒五「死ぬより仕方ない。」

兵卒三「みんな死なう。自殺しやう。」

曹長「いゝや、みんなおれが悪いんだ。おれがこんなことを発案し たのだ。」

特務曹長「いゝや、おれが責任者だ。おれは死ななければならない。」

曹長「上官、私共二人ははじめの約束の通り死にませう。」

特務曹長「さうだ。おいみんな。おまへたちはこの事件については 何も知らなかった。悪いのはおれ達二人だ。おれ達はこの責任を負 って死ぬからな、お前たちは決して短気なことをして呉れるな。こ れからあともよろしく軍律を守って国家のためにつくしてくれ。」

兵卒一同「いゝえ、だめであります。だめであります。」

特務曹長「いかん。貴様たちに命令する。将軍のお詞のあるうち動 いてはならん。気を付けっ。」兵卒等直立。

特務曹長「曹長、さあ仕度しやう。」(ピストルを出す。)「祈ら う。一所に。」

特務曹長「飢餓陣営のたそがれの中
     犯せる罪はいとも深し
     あゝ夜のそらの青き火もて
     われらがつみをきよめたまへ。」

曹長  「マルトン原のかなしみのなか
     ひかりはつちにうづもれぬ
     あゝみめぐみのあめを下し
     われらがつみをゆるしたまへ。」

合唱  「あゝみめぐみの雨をくだし
     われらがつみをゆるしたまへ。」

  (特務曹長ピストルを擬し将に自殺せんとす。)

  (バナナン大将この時まで瞑目したるも忽ちにして立ちあがり 叫ぶ。)

大将「止まれ、やめぃ。」

  (特務曹長ピストルを擬したまゝ呆然として佇立す。大将ピス トルを奪ふ。)

大将「もうわかった。お前たちの心底は見届けた。お前たちの誠心 に較べてはおれの勲章などは実に何でもないぢゃ。
おゝ神よほめられよ。実におん眼からみそなはすならば勲章やエボ レットなどは瓦礫にも均しいぢゃ。」

特務曹長「将軍、お申し訳ないことを致しました。」

曹長「将軍、私に死を下されませ。」

バナナン大将。「いゝや、ならん。」

特務曹長「けれどもこれから私共は毎日将軍の軍装拝しますごとに 烈しく良心に責められなければなりません。」

大将「いゝや,今わしは神のみ力を受けて新らしい体操を発明した ぢゃ。それは名づけて生産体操となすべきぢゃ。従来の不生産式体 操とは自ら撰を異にするぢゃ。」

特務曹長「閣下、何とぞその訓練をいたゞきたくあります。」

大将「ふん。それはもちろんよろしい。いゝか。
では集れっ。(総て号令のごとく行はる。)ション。右ぃ習へ。直 れっ。番号。」

兵士、「一、二、三、四、五、六、七、八、九、十、十一、一二、」

   兵士伍を組む。

大将「前列二歩前へおいっ。偶数一歩前へおいっ。」

大将。「よろしいか。これから生産体操をはじめる。第一果樹整枝 法、わかったか。三番。」

兵卒三「わかりました。果樹整枝法であります。」

大将「よろしい果樹整枝法,その一、ピラミッド、一の号令で斯の 形をつくる。二で直るいゝか。」

   大将両腕を上げ整枝法のピラミッド形をつくる。

大将「いゝか。果樹整枝法、その一、ピラミッド、一、よろし。二、 よろし。一、二、一、二、一、やめい。」

大将「いゝか次はベース。ベース、一、の号令でこの形をつくる。 二で直る。いゝか。わかったか。五番。」

兵卒五「はいっわかりました。ベース。盃状仕立であります。」

大将「よろしい。果樹整枝法その二、ベース一。」

兵卒「一、」

大将「二、一、二、一、二、一、二、やめい。」

大将「次は果樹整枝法その三、カンデラーブル。ここでは二枝カン デラーブル、U字形をつくる。この時には両肩と両腕とでUの字に なることが要領ぢゃ。徒にこゝが直角になることは血液循環の上か らも又樹液運行の上からも必要としない。この形になることが要領 ぢゃ。わかったか。六番」

兵卒六、「わかりました。カンデラーブル、U字形であります。」

大将「よろしい。果樹整枝法その三、カンデラーブル、はじめっ一、 二、一、二、一、二、一、二、やめい。」

大将「よろしい。果樹整枝法その四、又その一 水平コルドン。は じめっ。一、二、一、二、一、二、一、二、一、やめい。」

大将「次はその又二、直立コルドン。これはこのまゝでよろしい。 たゞ呼称だけを用ふる。一、二、一、二、よろしいか。八番。」

兵卒八、「直立コルドンであります。」

大将「よろしい。果樹整枝法 その四 又その二、直立コルドン、 はじめっ、一、二、一、二、一、二、一、二、一、やめい。」

大将「次は、エーベンタール、扇状仕立、この形をつくる。このエ ーベンタールのベースとちがふ所は手とからだとが一平面内にある ことにある。よろしいか。九番。」

兵卒九、「はいっ。果樹整枝法その五、エーベンタールであります。」

大将「よろしい。果樹整枝法その五、エーベンタール、はじめっ、 一、二、一、二、一、二、一、やめい。」

大将「次は果樹整枝法、その六、棚仕立、これは日本に於て梨葡萄 等の栽培に際して行はれるぢゃ。棚をつくる。棚を。わかったか。 十番。」

兵卒十、「果樹整枝法第六、棚仕立であります。」

大将「よろしい。果樹整枝法第六棚仕立、はじめっ。一」

  (兵卒ら腕を組み棚をつくる。バナナン大将手籠を持ちてその 下を潜りしきりに果実を収む。)

バナナン大将。「実に立派ぢゃ。この実はみな琥珀でつくってある。 それでゐて琥珀のやうにおかしな匂でもない。甘いつめたい汁でい っぱいぢゃ。新鮮なエステルにみちてゐる。しかもこの宝石は数も 多く人をもなやまさないぢゃ。来年もまたみのるぢゃ。ありがたい。 又この葉の美しいことはまさに黄金ぢゃ。日光来りて葉緑を照徹す れば葉緑黄金を生ずるぢゃ。讃ふべきかな神よ。」

  (将軍籠にくだものを盛りて出で来る。手帳を出しすばやく何 か書きつく 特務曹長に渡す 順次列中に渡る 唱ひつゝ行進す。 兵士之に続く。)

バナナン大将の行進歌

合唱、「いさをかゞやく バナナン軍
    マルトン原に  たむろせど
    荒さびし山河の すべもなく
    飢餓の 陣営  日にわたり
    夜をもこむれば つはものの
    ダムダム弾や  葡萄弾
    毒瓦斯タンクは 恐れねど
    うゑとつかれを いかにせん。
    やむなく食みし 将軍の
    かゞやきわたる 勲章と
    ひかりまばゆき エボレット
    そのまがつみは 録〔しる〕されぬ。
    あはれ二人の  つはものは
    責に死なんと  したりしに
    このとき雲の  かなたより
    神ははるかに  みそなはし
    くだしたまへるみめぐみは
    新式生産体操ぞ。
    ベースピラミッド カンデラブル
    またパルメット エーベンタール
    ことにも二つの コルドンと
    棚の仕立に   いたりしに
    ひかりのごとく 降〔くだ〕り来し
    天の果実を   いかにせん。
    みさかえはあれ かゞやきの
    あめとしめりの くろつちに
    みさかえはあれ かゞやきの
    あめとしめりの くろつちに。」