目次へ  縦書き

〔手紙 四〕


 わたくしはあるひとから云ひつけられて、この手紙を印刷してあ なたがたにおわたしします。どなたか、ポーセがほんたうにどうな つたか、知つているかたはありませんか。チユンセがさつぱりごは んもたべないで毎日考へてばかりいるのです。

 ポーセはチユンセの小さな妹ですが、チユンセはいつもいじ悪ば かりしました。ポーセがせつかく植えて、水をかけた小さな桃の木 になめくじをたけて置いたり、ポーセの靴に 甲虫かぶとむしを 飼つて、二月ふたつき もそれをかくして置いたりしました。あ る日などはチユンセがくるみの木にのぼって青い実を落してゐまし たら、ポーセが小さな卵形のあたまをぬれたハンカチで包んで、 「兄さん、くるみちやうだい。」なんて云ひながら大へんよろこん で出て来ましたのに、チユンセは、「そら、とつてごらん。」とま るで怒つたやうな声で云つてわざと頭に実を投げつけるやうにして 泣かせて帰しました。

 ところがポーセは、十一月ころ、俄かに病気になつたのです。お つかさんもひどく心配さうでした。チユンセが行って見ますと、ポ ーセの小さな唇はなんだか青くなつて、眼ばかり大きくあいて、い つぱいに涙をためてゐました。チユンセは声が出ないのを無理にこ らえて云ひました。「おいら、何でも呉れてやるぜ。あの銅の歯車 だつて欲しけややるよ。」けれどもポーセはだまつて頭をふりまし た。息ばかりすうすうきこえました。

 チユンセは困つてしばらくもぢもぢしてゐましたが思い切つても う一ぺん云ひました。「雨雪とつてきてやろか。」「うん。」ポー セがやつと答へました。チユンセはまるで鉄砲丸のやうにおもてに 飛び出しました。おもてはうすくらくてみぞれがびちよびちよ降つ てゐました。チユンセは松の木の枝から雨雪を両手にいつぱいとつ て来ました。それからポーセの枕もとに行つて皿にそれを置き、さ じでポーセにたべさせました。ポーセはおいしさうに三さじばかり 喰べましたら急にぐたつとなつていきをつかなくなりました。おつ かさんがおどろいて泣いてポーセの名を呼びながら一生けん命ゆす ぶりましたけれども、ポーセの汗でしめつた髪の頭はたゞゆすぶら れた通りうごくだけでした。チユンセはげんこを眼にあてて、虎の 子供のやうな声で泣きました。

 それから春になつてチユンセは学校も六年でさがつてしまひまし た。チユンセはもう働いてゐるのです。春に、くるみの木がみんな 青い房のやうなものを下げているでせう。その下にしやがんで、チ ユンセはキヤベヂのとこ をつくつてゐました。そしたら土の 中から一ぴきのうすい緑いろの小さな蛙がよろよろと這つて出て来 ました。

「かえるなんざ、潰れちまへ。」チユンセは大きな 稜石かどいし でいきなりそれを叩きました。

 それからひるすぎ、枯れ草の中でチユンセがとろとろやすんでゐ ましたら、いつかチユンセはぼおつと黄いろな野原のやうなところ を歩いて行くやうにおもひました。すると向ふにポーセがしもやけ のある小さな手で眼をこすりながら立つてゐてぼんやりチユンセに 云ひました。

「兄さんなぜあたいの青いおべべ裂いたの。」チユンセはびつくり してはね起きて一生けん命そこらをさがしたり考へたりしてみまし たがなんにもわからないのです。どなたかポーセを知ってゐるかた はないでせうか。けれども私にこの手紙を云ひつけたひとが云つて ゐました「チユンセはポーセをたづねることはむだだ。なぜならど んなこどもでも、また、はたけではたらいていゐるひとでも、汽車 の中で苹果をたべてゐるひとでも、また歌ふ鳥や歌はない鳥、青や 黒やのあらゆる魚、あらゆるけものも、あらゆる虫も、みんな、み んな、むかしからのおたがひのきやうだいなのだから。チユンセが もしもポーセをほんたうにかあいさうにおもふなら大きな勇気を出 してすべてのいきもののほんたうの 幸福こうふくをさがさなけ ればいけない。それはナムサダルマプフンダリカサスートラといふ ものである。チユンセがもし勇気のあるほんたうの男の子ならなぜ まつしぐらにそれに向って進まないか。」それからこのひとはまた 云ひました。「チユンセはいいこどもだ、さアおまへはチユンセや ポーセやみんなのために、ポーセをたづねる手紙を出すがいい。」 そこで私はいまこれをあなたに送るのです。