目次へ  縦書き

〔手紙 三〕

普通中学校などに備え付けてある顕微鏡は、拡大度が六百倍乃至八 百倍位迄ですから、蝶の翅の鱗片や馬鈴薯の澱粉粒などは実にはつ きり見えますが、割合に小さな細菌などはよくわかりません。千倍 位になりますと、下のレンズの直径が非常に小さくなり、従つて視 野に光があまりはいらなくなりますので、下のレンズを油に浸して なるべく多くの光を入れて物が見えるやうにします。

二千倍といふ顕微鏡は、数も少くまたこれを調節することができる 人も幾人もないそうです。

いま、一番度の高いものは二千二百五十倍或は二千四百倍と云ひま す。その見得る筈の大さは

          ○、○○○一四粍  ですがこれは人によつ て見えたり見えなかつたりするのです。

一方、私共の眼に感ずる光の波長は
          ○、○○○七六粍  (赤 色) 乃至
          ○、○○○四 粍  (菫 色) ですから
これよりちいさなものの形が完全に私共に見える筈は決してないの です。

また、普通の顕微鏡で見えないほどちいさなものでも、ある装置を 加へれば
         約○、○○○○○五粍  位までのものならば
ぼんやり光る点になつて視野にあらはれその存在だけを示します。
これを超絶顕微鏡と云います。

ところがあらゆるものの分割の終局たる分子の大きさは水素が
          ○、○○○○○○一六粍  砂糖の一種が
          ○、○○○○○○五五粍  という様に
計算されてゐますから私共は分子の形や構造は勿論その存在さへも 見得ないのです。しかるに。この様な、或は更に小さなものをも明 に見て、すこしも誤らない人はむかしから決して少くはありません。 この人たちは自分のこゝろを修めたのです。