目次へ  縦書き

柳沢

 林は夜の空気の底のすさまじい藻の群落だ。みんなだまつて急い でゐる。早く通り抜けやうとしてゐる。
 俄に空がはっきり開け星がいっぱい耀めき出した。たゞ空のとこ ろどころ中風にでもかかったらしく変に淀んで暗いのは幾片か雲が 浮んでゐるのにちがひない。
 その静かな微光の下から烈しく犬が蹄き出した。
 けれども家の前を通るときは犬は裏手の方へ逃げて微かにうなっ てゐるのだ。

 一寸来ない間に杜務所の向ひに立派な宿ができた。ラムプが黄い ろにとぼってゐる。杜務所ではもう戸を閉めた。
(こんや、二時まで泊めて下さい。四人です。たいまつがあります か。わらじがありますか。それから何かよるのたべものがあります か。ほう、火がよく燃えてるな。そいぢゃ、よござんすか。入りま すよ。)

(さあ、二時までぐっすりやるんだぜ。ねむらないとあしたつかれ るぞ。はてな、となりへ誰か来てゐるな。さうだ、土間に測量の器 械なんかが置いてあった。)
 青いきらびやかなねむりのもやが早くもぼんやりかゝるのに誰か どしどし梯子をふんでやって来る。隣りの室をどんと明ける。

「やあ旦那さん、ぶん萄酒一杯やりなさい。」
「葡萄酒?葡萄酒かい。お前がつくった葡萄酒かい。熱めてあるの かい。」
「まあ一杯おあがりなさい。さうです。アルコールを入れたのです。」
「アルコールを入れたのか。あとで?作ってから?」
「さうです。大丈夫ですよ。本統のアルコールです。見坊獣医から 分けて貰ったのであります。」
「どうして拵えたんだい。野葡萄を絞ってそれから?」
「いゝえ、あとで絞るのです。まあ、おあがりなさい。大丈夫であ ります。」
「さうか。そんなら貰はうか。おっと、沢山だよ。ふん、随分入れ たな、アルコールを。」

「ずゐぶん瓶を沢山はぢけらせました。」
「ふん。」
「砂糖を入れないでもやっぱりきます。」
「さうかい。砂糖を入れたら罰金だらう。おい吉田、吉田。吉田を 呼んで来て呉れ、あ、いゝよ、来た来た。おい吉田。葡萄酒ださう だ。飲まないか。」
「さうですか。おや。熱くしてあるのか。どれ、おい沢山だ。 渋 いな。」
 ねむけのもやがまた光る。

「あしたは騎兵が実弾射撃に来るさうぢゃないか。どこへ射つのだ らう。」
「笹森山、地図を拝見、これです。なあに私等の方は危くありませ んよ。」
「しかし弾丸が外れたら困るぜ。」
「なあに旦那さん。そんたに来ません。そぃつさ騎兵だんすぢゃい。」
 ふん、あいつはあの首に鬱金を巻きつけた旭川の兵隊上りだな、 騎兵だから射的はまづい、それだから大丈夫外れ弾丸は来ない、と いふのは変な理屈だ。けれどもしんとしてゐる。みんな少し酔って 感心したんだな。

「今日は君は楽だったらう。」
「えゝ、しかし昨目は鞍掛でまるで一面の篠笹、とても這ふもよぢ るもできませんでした。」
「いや、おれの方だってさうだ。さあ寝るかな。あしたは天気は大 丈夫だな。四つまでできるかな。」
「えゝ。」
「やっ、お邪魔しぁんした。まだ入って居ります。置いて行きます。」
「おい、持って行け、持って行け、もう飲まんぞ。」
さうだ。帝室林野局の人たちだ。

 たしかにこれは夢のはじめの方の青ぐろい空だ。山の中腹から裾 野に低く雲が垂れ、その星明りの雲の原の上でごろごろと雷が鳴っ てゐる。実に静にうなってゐる。夢の中の雷がごろごろごろごろう なってゐる。雲の下の柏の木立に時々冷たい雨の灌ぐのが手に取る やうだ。それでもやはり夢らしい。

 何時かな。もう二時半だ。少しおくれた。いや、丁度いゝ。寒い。
(おい。もう二時半だ。二時半だ。行かう行かう。)寒くてガタガ タする。みんなうらうら仕度をしてゐる。ゆふべのつゞきの灰色ズ ックの鞄、ラムプの光は青い孔雀の羽。
(いゝか。火がついたか。さあ出やう。たいまつはまん中だぞ。寒 いな。)
 空の鋼は奇麗に拭はれ気圏の淵は青黝ぐろと澄みわたり一つの微 塵も置いてない。
いっぱいの星がべつべつに瞬いてゐる。オリオンがもう高くのぼっ てゐる。
(どうだ。たいまつは立派だらう。松の木にうつるとすごい だらう。そして そうら、裾野と山が開けたぞ。はてな、山のてっ ぺんが何だか白光するやうだ。何か非常にもの凄い。雲かもしれな い。おい、たいまつを一寸うしろへかくして見ろ。ホウ、雪だ、雪 だ。雪だよ。雪が降ったのだ。やっぱりさっき雨が来たのだ。夢で 見たのだ。雪だよ。)

 空気はいまはすきとほり小さな鋭いかけらでできてゐる。その小 さな小さなかけらが互にひどくぶっつかり合ひ、この燐光をつくる のだ。
 オリオンその他の星座が送るほのあかり、中にすっくと雪をいた ゞく山王が立ち黒い大地をひきゐながら今涯もない空間を静にめぐ り過ぎるのだ。さあみんな、祈るのだぞ、まっすぐに立て。

 (無上甚深微妙法 百千万劫難遭遇
  我今見聞得受持 願解如来第一義)
力いっぱい声かぎり、夜風はいのりを運び去りはるかにはるかにオ ホツクの黒い波間を越えて行く。草はもうみんな枯れたらしい。た いまつの火の粉は赤く散り 大熊星は見えません。

(ここのところでよく間違ふぞ。左を行くと山みちなんだ。鳥居が あるので悪くするとそっちへ行くぜ。)みちは俄に細くなったり何 本にもわかれたり。黒い火山礫と草のしづく。
(いつもなら火を見て馬がかけて来るんだが今はもうみんな居ない んだ。すっかり曇ったな。)
 みちが消えたり又ひょいと出て来て何本にも岐れたり。

 柏の枯れ葉がざらざら鳴ってゐる。
なんだか路が少しおかしい。もう大分来てゐるのだが。
(向ふにどてがあるかどうか一寸見て来やう。おい。ついて来るな。 そこに居ろ。何だ。たいまつが消えたな。そこに居ろよ。はなれる な。ずゐぶん丈の高い草だ。胸きりある。)

(どてが無いよ。この路に沿ってゐる筈なんだ。事によったら間違 ったぞ。もう少し行って見やう。けれども駄目だ。やっぱり駄目だ。 こんな変な坂路がなかった筈だ。少し北側へ廻ったのかな。すっか り曇ったし、困ったな。仕方ない夜明け迄に一ぺん宿へ引っ返し日 が出てから改めて出掛けやう。)

(けれども一寸路をさがして来やう。何とか抜けられるかも知れな い。曇ってさへ居なかったら見当だけつけてぐんぐん本統のみちの 方へ草をこいで行けばいゝんだが。仕方ない。ますます変な所へ来 てしまった。やっぱり駄目だ。さあ引っ返しだぞ、戻りだぞ。やあ、 降って来た降って来た。マントのあるのは誰々だ。さあ馳けるんだ ぜ。いゝか。そら。大きな岩だ。つまづくな。)

(ふん、あれがさっきの柳沢の杉だ。
何だ沼森の坊主め。ケロリとして睡ってやがる。)
所々雲が切れて星が新らしく瞬く。
(ははあ。こゝだ。こゝで間違ったんだ。仕方ない。まあ行って火 をたかう。)
山だけまだ雲をかぶってゐる。

(おい。上等のお菓子だぜ。一つづつ分けるぞ。もうぢきだ。もう 十五分。)しかし宿でも迷惑だな。

(路を間違へて帰って来ました。火をたきますよ。みんなきものを 乾かせ。辛いな。けむりが。)辛い。けむり。それにきものが乾か ない。烟がみんなそっちへぱかり行く。ぱっと燃えろ。さあ、ぱっ と燃えろ。

(ああ、もう明るくなって来た。空が明るくなって来た。きれいだ なあ。おい。)
 深い鋼青から柔らかな桔梗、それからうるはしい天の瑠璃、それ からけむりに目を瞑るとな、やはりはがねの空が眼の前一面にこめ てその中にるりいろのくの字が沢山沢山光ってうごいてゐるよ。く の字が光ってうご……。

 もうすっかり暁だ。
(お握りを焼かう。はあ、ゆふべはどうも。途中で迷って。雨は降 るし。)

(さあ日が出たやうだ。行かう行かう。さあ飛び出すんだよ。おゝ、 立派、この立派。ふう。)
 日の光は琥珀の波。新らしく置かれたみねの雪。赤々燃える谷の いろ。黄葉をふるはす白樺の木。苔馬璃モッスァゲート
(おゝい。あんまり馳けるな。とまれ。とまれぇ。おゝい。止れっ たら。待てったら。)
 うん。朝の怒りは新鮮だ。炭酸水だ。
 鈴蘭の葉は熟して黄色に枯れその実は兎の赤めだま。そしてこれ は今朝あけ方の菓子の錫紙。光ってゐる。