目次へ  縦書き

丹藤川

 火皿は油煙をふりみだし、炉の向ふにはこの家の主人の膝が 大黒柱を切って投げ出しどっしりがたりと座ってゐる。

 その息子らは外の闇から帰って来た。肩はばがひろく けらを着て馬を厩へ引いて入れ、土間でこっそり飯をたべ、そのま ゝころころ寝てしまった。

 もし私が何かちがったことでも云ったら、そのむすこらのどの一 人でもすぐに私を外のくらやみに連れ出すだらう。

 火皿は黒い油煙を揚げその下で一人の女が何かしきりに仕度をし てゐる。どうも私の膳をつくってゐるらしい。 それならさっきもことはったのだ。

 ガタリと音して皿が一枚床の上に落ちた。

 主人はだまって立ってそっち行った。

 三秒ばかりしんとした。

 主人は席へ帰ってどしりと座った。

 どうもあの女はなぐられたらしい。

音もさせずに撲ったのだな。その証拠には土間がいやに寂かだし、 主人のめだまは黄金の銭のやうだしさ。