目次へ  縦書き

「旅人のはなし」から

 ずっと前に、私はある旅人の話を読みました。書いた人も本の名 前も忘れましたが、とにかく、その旅人は永い永い間、旅を続けて ゐました。今頃もきっとどこかを、どこかで買った、洋傘を引きず って歩いてゐるのでせう。今思ひ出したくらゐ、その、はなしを書 きます、事によったら、いつのまにか他の本のはなしも雑ってゐる のでせう。

 ある時、その旅人は一人の道づれと歩いて、ゐました、よく晴れ た日で、二人の瞳の中には空や、山や、木や道やが奇麗に、さかさ まに、写ってゐました。道づれの旅人か黙ってゐるので、この旅人 も黙って歩いてゐました、ふと鴨が一疋、飛んで過ぎました、道づ れの旅人は

「あれは何でございませうか。」ときゝました、

「鴨です」となんの気もなく旅人も答へました、

「どこへ行ったでせう。」

「飛んで行ったじゃ、ございませんか。」

 道連れの旅人は手をのぱして、この旅人の鼻をギッとひねりまし た、旅人はびっくりするひまもなく、「ア痛ッ」とか何とか叫びま した、

 そしたら道連の旅人が申しました、

「飛んで行ったもんかい」旅人は、はっと気がつきました。それ でも、も少し旅をしなければ、ならないと思ひました。多分そうで せう。

 旅人は、それよりも前に、ある支郡の南部の町に参りました、非 常に暑い日で、ございました、自分の影法師を見ながら歩いてふと 空を見上げますと青空に大きな白い自分の影法師が立ってゐました、 みなさんもそんな事に会ったでせう。町の真中の広い道はたゞ、こ の旅人一人が歩いてゐました、その時、向ふからガランガランと大 きな音がします、見ますとそれは汚ない乞食坊主でした、大きな鈴 を振って歩いてゐるのです、口の無暗に大きな男で眼玉はギラギラ と光ってゐました、その晩旅人は宿屋で、あした町はづれの小山で 面白い事があると云ふ事を、きゝました、翌日旅人はそこに行って 沢山の見物人と一所に立ってゐました、そこへ昨日の乞食が例の大 きな鈴を鳴らして向から来ました、みんなはがやがや云ひました、 乞食は木で作った箱の様なものを持ち出して、その中へ入りました、 蓋も誰かゞしたでせう、暫らくの間、みんなで、しんとして見てゐ ました、何もありませんでした。みんな少しがやがや云ひました、 その時空中にガランガランガランと昨日の鈴の音が烈しくしてやみ ました。みんな初めは青くなってゐましたが、とうとうその箱の蓋 を開いて見ましたが、もはや何も居ませんでした、

 旅人はある時、「戦争と平和」と云ふ国へ遊びに参りました、そ こで彼はナタアシアやプリンスアンドレイやに合ひました、悲しみ やら喜びやらの永い芝居を見てしまって最早この国を出やうとする とき六かしい顔をしてその国の王様が逐ひかけて参りました、

「オイオイ、君は私の本当の名前を知ってゐるか。」と申しながら 一層こみ入った様な顔してその王様はくるりと後を向いて行きまし た、

 旅人は行く先々で友達を得ました、又それに、はなれました、そ れはそれは随分遠くへ離れてしまった人もありました、旅人は旅の 忙しさに大抵は忘れてしまひましたが時々は朝の顔を洗ふときや、 ぬかるみから足を引き上げる時などに、この人たちを思ひ出して泪 ぐみました、

 どうしたとてその友だちの居る所へ二度と行かれませうか、二つ の抛物線とか云ふ様なものでせう、

 旅人はあるときは、すっかりやつれて東京で買った白い帽子も服 も土に染められ髪は延びはて一靴のかゝとは無くなったときもあり ました、それでも又イタリヤのサンタリスク先生の所へ御客になっ て暫らく留まり、こゝを出る時は新しい旅人の形になるのでした。

 旅人は決して一年一ぱい歩いてゐるのでもありませんでした、王 様のない国へ行っては王様に二年半ばかりなったり、ひどい王様の 国へ行っては、王様の詩を朗読しなさるときに菓子を喰べてゐたと 云ふ罪で一火あぶりになる筈の子供の代りになって死んだり致しま した、さてさて永い旅でございました、この多感な旅人は旅の間に 沢山の恋を致しました、女をも男をも、あるときは木を恋したり、 何としたわけ合やら指導標の処へ行って恭しく帽子を取ったり、け れども、とうとう旅の終りが近づきました。旅の終とは申すものの、 それはこの様なやはり旅の一部分でございました、

 あるとき一つの御城に参りました、その御城の立派なことは何に たとへませうか 道ばたに咲いてゐるクローバアの小さな一つの蝶 形花冠よりもまた美しいのでした。年老った王様が、こゝに居りま した、その国の広い事、人民の富んでゐる事、この国には生存競争 などゝ申す様なつまらない競争もなく労働者対資本家などゝいふ様 な頭の病める間題もなく総てが楽しみ総てが悦び総てが真であり善 である国でありました、決して喜びながら心の底で悲む様な変な人 も居ませんでした、この御城を一寸のぞいて見ましたら王様がつか つかと出て来ました。旅人はびっくりして逃げやうとしました、そ の時王様にだきつかれて居ました、旅人は此の王様の王子だったの で、ございます、王様は此の王子の為にこの国を作りました、それ に其子は東京で買った白い帽子をよごし洋傘の骨を何返も修繕して 貰ひながら永い間、歩いて居ったのでございました、王子は永い旅 に又のぼりました、なぜなれば、かの無窮遠のかなたに離れたる彼 の友達は誠は彼の兄弟であったからでありました、それですから今 も歩いてゐるでせう。

 盛岡高等農林学校に来ましたならば、まづ標本と農場実習を観せ てから植物園で苺でも御馳走しやうではありませんか。

 新しい靴を買って来て、この旅人のはなしを又書きたいと思ひま す。