目次へ  縦書き

契約証

石灰事業賛助ノ為相互共栄ノ目的ヲ以テ左ノ契約ヲ締結ス

一、信証金トシテ宮沢ヨリ一時金五百円ヲ鈴木ニ預ケ置クモノトス 此ノ預金ニ対シテハ日歩金参銭ヲ支払フコト 但シ石灰ノ需要激 増ニヨリ生産ノ増加ヲ計ル都合上資金ノ増額ヲ要スル場合ハ金壱 千円迄預クルコトアルベシ 尚将来解約等ノ場合ハ元利返済スル モノトス

二,宮沢ヲ技師トシテ嘱託シ報酬トシテ年六百円ヲ炭酸石灰ヲ以テ 支払フモノトス 但シ本年度ニ限リ金五百円トス
 右ニ対シ宮沢ハ左ノ職分ヲ行フモノトス
 イ.説明書並広告文の起草
 ロ.炭酸石灰ニ関スル調査並ニ改良
 ハ.照会回答

三、岩手県(小岩井農場及び東磐井西磐井両郡ヲ除ク)青森県・秋  田県・山形県ノ宣伝ヲ宮沢ニテ行ヒ右ノ註文ニ対シテハ松川駅渡  十貫ニ付二十四銭五厘ニテ宮沢ニ販売スルモノトス 但工場ニ於  ケル直接販売ハ十貫ニ付二十銭以下ニテ売るコトヲ得ズ

四、炭酸石灰ノ需要期以外ハ壁材料ノ宣伝ニ努メ此レニ要スル資金  ハ追テ協議ノ上之レヲ決スルモノトス

右ノ各項履行ノ為各一通ヲ所持スルモノ也

  昭和六年二月二十一日

               東磐井郡松川村字滝ノ沢平一一七
               東北砕石工場
                    鈴木東蔵
               稗貫郡花巻町豊沢町
                    宮沢賢治