目次へ  縦書き

[96a] 1918年12月27日 宮澤政次郎あて 葉書(旧98)

   花巻川口町豊沢町 宮澤政次郎様
   十二月二十八日朝 東京市小石川区雑司ヶ谷一三 雲台館内

昨夜責善寮に参り寮監に面会致し礼を述べ申し候 尚土産物は寮生へは菓子二円程持参仕り候。

昨夜は熱三十八度九分今朝三十八度にて依然に有之候。但し伝染病に非る限り本明日中には平室に移転し得べ面会も面倒なく相成るべく候。

尚トシ子寝巻出来次第病院宛送附奉願候。本日は朝の間に木挽町のコトさんの所に参るべく候。

先は右御報告申し上げ候。

  尚私共宿は誠に落ち付き宜しく御安心被下度候。