目次へ  縦書き

[97] 1918年12月27日 宮澤政次郎あて 葉書

   花巻川口町豊沢町 宮澤政次郎様
   十二月二十七日 東京市小石川区雑司ヶ谷町一三 雲台館内

拝啓本日午後二時頃御手紙拝見仕り候。

私共は御蔭にて何の変りも無之特に当地は甚喉に雪こそ有之候へども合羽も要せざる程に有之御安心奉願候

トシ子は今夕も熱昨日の如くに御座候。明日二木博士の診察によりて愈々安心に御座候はば明後日夜発の汽車にて帰花仕るべく候 若し明後日平室へ移るならば特に宜敷と存じ居り候。寝巻御送附の節シゲ子の綿入をも御入れ下され度候。先は。

敬具