目次へ  縦書き

[9](1915年8月14日)高橋秀松あて 葉書

宮城県名取郡増田町増田六番地 高橋秀松様
大正四年八月十四日午后 隣県稗貫郡役所所在地 バアバンクス  プラザア

只今は有り難う グランは御蔭で至極の工合であります 私の方か ら貴方のやうな事を云ふなれば「花巻御通過の際は不幸にも瓜を食 ふか睡るかしてゐたときで。」となります 私の町は汚い町であり ます 私の家も亦その中の一分子でありますから尤もなことになり ます

十一日に早速盛岡からの蔬菜の種を蒔きました 今朝もう芽が出て ゐます。村の人たちはまるきり町へ出て来ませぬ 町の人たちも又 充分しほれてゐます 殊にHanamaki Bank にx、y、と云ふやうな問 題が起つて私の周囲は反対のしほれかた即ち眼が充血してゐます