目次へ  縦書き

[72] 1918年6月22日 宮澤政次郎あて 封書

(表)花巻川口町 宮澤政次郎様 親展
(裏)大正七年六月二十二日 盛岡市内丸二九 玉井郷芳方 宮沢賢治拝 (封印)〆

謹啓 御手紙誠に有難く拝見仕り候 実は私も白分の忍耐力の少き事は充分承知致し居り折角と気を付け候へども何分にも今回の如き事を申し上ぐる様の程度に有之今後は尚々覚悟を判然と致し随処みな忍辱の道場と心掛け候間何卒御安心奉願候

只今の分析とても、本日等は夕の七時に実験室を出で候へども、何も仕事が苦しとは存じ申さず候。只無意味なる事を致して心神を労らす事を堪え難く思ひたるのみに御座候へども之とても応分の結果は来るべく且つは心掛け様にて理論化学の実験とも相成るべく加ふるに忍びを習ふ道場に有之候はば今更何等の不平をも持ち申すまじく候 既に学校の補助なる仕事は辞退致し置き候間分析も実地踏査も行はざるときには本も読み得べく候。而して大体の計算にては今後地質調査七拾五日(中弐拾日は自費)分析は大体百日にて終り申すべくその他調査報文等にて四十日位手間取るとしても五十日位は四月初迄に自分の時間として残るべく候間春迄には大低何かの仕事の仕度らしき処迄参るべく候

来年四月一杯を何卒その仕事の支度に御宛て奉願候 序を以て私の最希望致し候職業の初め方をも申し上げ候

実は私の今迄勉強したる処にては最、地に関係ある則ち岩石、鉱物等を取扱ひたくは存じ候へども右の仕事はみな山師的なることのみ多く到底最初より之を職業とは致し兼ね候

依て他に一定の職業有之候はば副業的に例へばセメントの原料を堀りて売るとか石灰岩や石材を売るとかその他に極めて小規模の工場にて出来る精練の如き事も有之可成実験的に仕事を続け得べくと存じ候

尚御参考の為に本県内にて充分産出の見込ある興味ある土石を左に列挙仕候

浮岩質凝灰岩、(仙台ノ秋保石材)
大理石、(装飾用、化学用 肥料用)
粘板岩(建築用、瓦、石材、其他)
白雲岩(鉱山ニテ熔剤トス)
陶土
白練瓦及耐火練瓦原料
石灰岩、(セメントノ原料)(ポートランドセメント、水硬セメント)
石膏、明馨、
砂岩、硅岩(円砥石、及製紙用)
火山灰及軽石
硅藻土、長石、柘榴石
石絨
重石
石墨
石版石、マグネサィト、(マグネシヤ原料)
雲母
滑石、

就中最注意ヲ要スルモノ次ノ如クニ御座候

之等ハ最小規模ニノミ産シ而モ次第二本県内ニテ問題トナルベク候

ワ゛ナデイム ウラニウム(鉄工業ソノ他二用フ。)
タングステン、(ヲルフラム)(鉄工業、電気工業)
チタニウム

タンタラム(電燈用ソノ他)
テルリウム
セレニウム(電気工業)
白金、
ウラニウム、
イリヂウム
オスミウム
砒素

 之等ハ定性分析及検鏡ニヨリテノミ発見セラルベク候 若シ仮令バ林産製造ニテモ初メタル後ニテハ之等二対シテモ割合ニ造作ナク実験シ得ベク又山ノ仕事ナラバ最斯ルモノニ接スル機会多クト存ジ候

依て最初は極めて小規模に炭焼の煙より薬品の分離等を致し傍ら香料の蒸留とか油類の抽出等をも行ふとすれば充分の事と存じ候

就ては斯る林の仕事は材木より調材迄は若し可能ならば直接に経営せざる方最望ましき処に有之就ては只今単に炭を焼き居り候処にてその煙を用ふるを最得策と致し候

依て若し可能ならぱ上有住村の目時氏等と契約を為して煙を買ふ等とすれば最便利に御座候且つ斯る仕事は北上川東方にて行ふを最必要と存じ候

北上川東方は前に申し上げ候諸原料に富む処に有之候

若し林の仕事不可能なるときは花巻の近くにて単に諸製材所の鋸屑を買ひ集めて薬品を製する事も得べく候

扨て取忙ぎ色々と申し上げ候処就れも未だ実験を経ざる処に御座候間みな別段に充分の根拠有之ものには無之候へども少くとも現在斯る仕事の経済的に行はれ候上はその点以下には決して落ちざる様信じ申し候

   先は以上申し上げ侯

    大正七年六月二十二日           賢治拝

父上様