目次へ  縦書き

[455] 1933年2月19日 高橘久之丞あて 封書

   稗貫郡湯本村狼沢 高橋久之丞様
   二月十九日 花巻町

拝啓 過日は工場の希望通り御取運び被下難有御礼申上候、扨その節御話有之候趣の残分石灰本日十噸車にて島組へ着致し候間御用の数量丈御引取願上度、価格は前同様十三貫二百匁セメント袋包み四十四銭に有之、代金御取纏めの処は必ず前同様の所迄は掛合可申候次に先日の肥料設計、何分にも本年は大豆粕、硫酸加里等割高に候間若し魚粕、石灰等に一部変更せらるるならば計算し直すべく御手紙にても御出での節にても御示し願上候先は御通知ながら

勿々