目次へ  縦書き

[446] 1933年1月16日 詩人時代社編輯部(吉野信夫)あて 封書

(表)新潟市旭町二ノ五二四一
(裏)一月十六日 岩手県花巻町 宮沢賢治(封印)〆

新年おめでたう存じます。

お詞の詩らしきもの、とにかく同封いたしました。他にぴんとした原稿沢山ありましたらしばらくお取り棄てねがひます。病気も先の見透しがついて参りましたし、きっと心身を整へて、今一度何かにご一諸いたしますから。

乍末筆新歳筆硯のご多祥を祈りあげます。

   十六日

宮沢賢治

 吉野信夫様