目次へ  縦書き

[425] 1932年8月6日 新詩論仮編輯所(吉田一穂)あて 封書

(表)東京市外松沢村松原一、一二〇 新詩論仮編輯所御中
(裏)八月六日 岩手県花巻町豊沢 宮沢賢治 

お手紙拝誦いたしました。この頃疾んでしばらく書きませず、旧稿に手を入れてみましても何分粗雑で、さういふ出版へいかがかとは存じましたが、ご厚意に対してとにかく同封二編さしあげてみました。ご詮議の上適宜ご取捨下さらば幸甚です。  まづは

    八月六日

宮沢賢治

 新詩論仮編輯部 御中