目次へ  縦書き

[412] 1932年4月19日 鈴木東藏あて 封書(封筒ナシ)

   四月十九日

拝復 三本木並に一関よりの貴簡拝誦仕候。軍馬補充部の方の行違ひ無事解決何よりの事に御座候。

お詞の関口氏の方、昨年の談にては、今后は各地へ出張の度ごとに使用を推奨し置くべければ、販売は直接とせられたしとの事にてその旨貴方へも御報申し置候次第、その后利府、若柳、根白石等の注文も有之約束通り色々取計のことと推察致し居候処、その后の注文少き次第に御座候や。今回御面談の情況折返し拝承仕度それに仍て至急対策攻究致し度候。

次に一昨日福島市畜産家獣医千葉喜一郎氏村松博士の御招介にて御来訪有之、工場産の揚粉と房州砂及三春産のものとにて家畜に飼養試験を農林省委托として大規模に行ひ、工場産のもの殆んど薬用炭酸石灰に劣らざる良成績を挙げ他地産のもの到底及ぱざるを確認したるを以て七月中には農林省佐藤博士と共名にて同省報告に工場名をも明記して之を発表すべしとのこと御報有之且つ色の黝き点も何等差支なき由申され候。就ては此の際他品との競争最至難なる福島栃木新潟方面の一手販売を引き受け度く貴下に面談致し度とのことなりしも御上京中の由申候処いづれ手紙にて交渉致べくとて盛岡を経て帰県せられ候。同氏の言には販路は充分に有之たゞ、価格の点福島市渡し十三貫四十三銭(房州砂の価格)まで工夫なきやとの事に有之御採算の上御返事願上候。粒径の点は或ひは従来のものより稍々大なるも宜しかるべく且つ牧草地用及水田用のものより微粒風撰採取しても差支無之と存じ候間御考慮願上候。

次に矢幅組合盛銀取立不能にて九十に改めて手続致し置候間今少しくお待ち願上度若柳の方も如何相成候や何分のお手配願上候。本年は金融の関係上肥料の移動一般に著しく遅れ候儘尚今后相当の需要有之ものと存候。

先は  敬具