目次へ  縦書き

[390] 1931年9月17日 鈴木東蔵あて 封書

  九月十七日

拝啓 昨日は失礼仕候 本日出京準備致し度候へ共昨日の盛岡よりの荷物(見本)未だに到着せず甚困り居り候へ共遅くも明正午には出発致すべく候。本日水沢黒沢尻等へ電話掛け候共中林は差当り

 搗粉弐拾俵だけ欲しき由

工場に無之候はゞ至急高橋氏の手より松川三十五銭にて御融通被成下様御指示願上候

今回の旅程充分の成績を得度壁砂見本をも本日四五種製作致居候 余は明日

敬具