目次へ  縦書き

[381] 1931年8月27日 鈴木東藏あて 封書(封筒ナシ)

   八月廿七日

拝啓本日川渡より金八拾五円参拾銭也入金有之残り六拾五円三口は見込なしとのことにて引換証返送有之候 就ては先方としては或は予定の行動なるやも知れず何分の御配慮を仰上候 次に北海道への見本は発送を了へ又東京へ持参の分も略々明日あたり完成可致候間旧盆十六日終了后出京可致右御了知願置候 次に豊川商会へ昨日六俵発送致候処今朝電話にて右は工場より四十叺取纏め受取たしとのことに就き止むなく返送を承知致置候間水沢よりの廻送も矢張り面白からずと存候

先は右御報迄

敬具

  鈴木藤三様

宮沢賢治