目次へ  縦書き

[375] 1931年7月29日 菊池信一あて 封書

  稗貫郡石鳥谷町 菊池信一様
  花巻町豊沢町

  七月廿九日午後

宮澤賢治

お手紙拝誦、ご結婚のことまことにお芽出たく祝しあげます。結婚は私のやうに身体の弱くない限りは当然でまたその外に道はありませんのですから、決して今から何もかも壊して飛び出す様なことは考へないで、どこまでもその条件下で生活を開拓されお父様へもご安心になる様お努めねがひあげます。お手紙で見ると何かどこかにご不満の点もあられる様ですが、どうもそれは何かの行き違ひらしく思ひます。

あなたの様にまっすぐにきれいにいままでを送って来た人には現実があんまり低いものの様に考へられることもあると思ひます。それらに就ては科学的に解決すべきでこちらには諸方にいろいろの材料もありますからお仕事のひまを見て一ぺんお遊びにおいでなさい。改まってお祝も致しませんからあなたの方も今後は物を使ふやうなことは決してなさらず気楽にお立ち寄りください。八月十日から数日は建築材料の仕事の為にエ場行きになるでせうがあとは大抵こちらに居ります。お父さまへもよろしくご鶴声ください。まづは。

  菊池信一様