目次へ  縦書き

[373] 1931年7月20日 鈴木東藏あて 封書(封筒ナシ)

  七月二十日夕

拝復 蛇紋岩砕石拝見仕、あれならば何とも申分無之と存候間何卒右見本共昨日お願通御取計奉願候

次に本日漸く青森市より一通照会参り文面に見るに相当大量の需要らしく候間今回は特に慎重を期し別紙回答御一閲の上価格御加筆見本別便として御発信奉願候

敬具

  鈴木場長殿

宮沢拝

 追って見本は青森及北海道にはわざと加へ置かず照回に依って別紙様の説明を附することと致したる次第に御座候。