目次へ  縦書き

[361](1931年6月17日)鈴木東藏あて 封書(封筒ナシ)

再啓 プーレーの件承り当町内盛岡問合せ候趣に有之候へ共何分特別寸法にて両方とも無之由に御座候。就て只今より東京へ注文しても孔操抜にて到着には一週間以上間ある由に有之候間何卒前回御注文の先へ向け電報にて至急調製候様御発信相成る方最迅速ならんとの事に御座候間不敢敢右御報申上候。尚それにても当地より注文を要する際は至急当地に御電命願上候はゞ早速右手配致すべくと申居候。先は右迄

敬具