目次へ  縦書き

[354] 1931年5月31日 鈴木東藏あて 封書(封筒ナシ)

   五月卅一日午后

拝啓 先刻御手紙拝見致しニヒオイデヲマツと電報差上置候次第実は明日私搗粉の意匠登録及広告印刷の御相談に参上の心組致し居り候へ共右にては金策用足りず候儘再度迄貴方様より御足運びを戴き何とも恐縮乍ら右願上候次第不悪御諒察奉願候 二日には一応帖簿面照合致し度何卒右書類御持参奉願度存候 本日は高農行の試料調製と搗粉原稿の添削を致し明日は中林氏二車分取立致し明後日の金策を容易ならしめ置度と存候 新堀の方も一寸出張を要するらしく御座候。尚高橋清吾氏御申出の件及今后の方針充分慎重に御相談致し度切に二日御来花をお待ち申上候

敬具