目次へ  縦書き

[353](1931年5月30日)鈴木東藏あて 封絨葉書

(表)東磐井郡 陸中松川駅前 鈴木藤三様
(裏)車中 宮沢賢治(封印)〆

只今車中にて墓参に帰郷したる宮城工藤技師に会合栗原の模様伺候処右講演は二十日に行はれ当日工藤浦壁関口三技師より炭酸石灰に関する推奨を完全に行ひ広告には郡農会指定の肥料店名(右後に御報致すべく)を入れ見本及広告各人に配布したりとのこと仮令本春の注文量少くとも明年乃至今夏以后必らず相当の効あるべしとの趣、尚六月中の注文は不明ながら幾分を期し得べしとの事に御座候。

次に度々見本御送附も恐れ入り候間今回は代金私持ちにて宜敷候間

  炭酸石灰拾俵
   小牛田肥料会杜止
    斉藤農業館行

  不良土改良試験用
   高清水町ニテ使用の分

至急御送附置奉願候