目次へ  縦書き

[352](1931年5月30日)鈴木東藏あて 封絨葉書

(表)東磐井郡 陸中松川駅前 鈴木藤三様
(裏)盛岡駅ニテ 宮沢賢治(封印)〆

今朝当地に出で村松博士に論文転載の快諾を得並びに原稿一閲を乞ひ申候。大に有望の事業故しっかりやれとの激励を頂き候。次で小野寺博士(肥料学教授)に色々伺ひ候へ共未だその方面充分の研究なしとの事故試料を送りて学生の卒業論文に「炭酸石灰の肥効」として試験を依頼候処快諾を得候間右試料は私方にて調製御送可申上候。搗粉(白色の品)見本出来候はゞ盛岡のみにても相当量の注文を得べく本日数軒挨拶廻り致し置候。先は